最適な外壁塗装業者を選ぶ手段として、施工件数や年数を見る

大きな家のイラスト

2種類の外壁塗装のどちらにすべきか

一軒家

外壁塗装には、様々な選択肢があります。そもそもペンキの種類なども、非常に数が多いでしょう。それと同様で、住宅の壁に塗る塗料なども様々な種類がある訳です。ところで外壁塗装には、主に2つの種類があります。ウレタンとシリコンの2種類になるのです。まず前者のウレタンの場合は、見栄えに大きな特徴があります。全体的に高級感を演出できる事が多いので、見た目を重視するならばそれが推奨されるでしょう。また様々な季節的要因に対する強さもあります。
それに対して後者のシリコンの場合は、汚れに対する強みがあるのです。住宅に対して、簡単には汚れが付着しないようになります。また熱に対する強さもあるのですね。ですので遮熱性などを求めるなら、シリコンの方がベターとも言えます。そして両者の一番大きな違いは、耐用年数の長さです。一般的には、シリコンは長持ちする傾向があります。ウレタンは最大6年は持ちますが、シリコンは10年以上となるケースが目立つからです。そしてシリコンの方が、1年あたりの料金も低めになります。
ですので長期的な利用を考えていて、できるだけ外壁塗装に費用を抑えたい時には、シリコンの方が良いと言えるでしょう。逆に短期での利用を考えるなら、ウレタンがベターとも言えます。どちらが良いかは、結局は本人のニーズ次第です。

New Article

  • 一軒家

    2種類の外壁塗装のどちらにすべきか

  • 建ち並んだ家

    外壁塗装の目的として

  • 家族

    外壁塗装と並び、知っておきたい防水工事

  • 家

    外壁塗装は水の浸入も防ぐ